新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増えましたが、きょうは会社に出勤してのお仕事でした。何だか疲れちゃって、帰りのバスでは乗り過ごしてしまう始末……停留所1つぶんだけだったので、歩いて戻りました。

夜、イギリスのテレビドラマ「ブラック・ミラー」を見ました。Netflixで配信されていて、1話完結型なのでサクッと見られます。きょう見たのはシーズン1の「国歌」。

イギリスのキャロウ首相は、スザンナ王女が誘拐されたことが分かって夜中にたたき起こされる。誘拐犯は王女を解放するには、首相に豚と「セックス」し、その様子をテレビの全国放送で生中継するよう要求。キャロウ首相はこの話を極秘にするよう周囲に命ずるも、誘拐犯は同様のビデオをYouTubeに投稿し、すでにTwitterではトレンド入り……何万人という人の知るところとなっていた。

どのような結果になったかは、ドラマを見ていただければと思います。

ご多分に漏れず、このストーリーも見終わって後味の悪さがハンパではなかったです。いや、それが「ブラック・ミラー」の魅力なんですが、しばらく心がドヨーン(笑)。同様の作品といえば「笑ゥせぇるすまん」や「週刊ストーリーランド」がありますが、「ブラック・ミラー」の“ドヨーン”感はそれの倍近いものがあります。

何というか、人間というのは、人のことを考えているふりして結局自分のことしか考えていないんだなあと感じるストーリーでした。

モヤモヤした心を変えてくれたのは!よなよなエールと水曜日のネコ(どちらもクラフトビールです)。どうしてもギョーザが食べたくてスーパーの冷凍食品コーナーに行くも、ない。かろうじてあったのが、チーズギョーザ。パッケージには「にんにく不使用」とあるも、ま、いっか!と買ってみたのですが……違いますねえ。ギョーザはやはりにんにくが入っていないとダメなのかも。全部食べたけど(^^;)。

MORE FROM BOBOYORU.NET