BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

Category: 旅行 (page 1 of 4)

うれしのほほん、嬉野の旅…1日目

先月、同じ会社の人間で、今は長崎に赴任している同期から久しぶりに連絡をもらいました。いわく「お互い休みを合わせて、どこかに遊びに行かないか」という誘い。就職が決まってから働き始めるまでもよく一緒に出かけた仲で、働き始めてからの仕事っぷりも尊敬している同期です。いつか会いたいと思っていたので、まさか向こうから誘ってくれるとは思わず、私も二つ返事で応えました。

お互いふだん忙しいので、ゆっくりできる温泉宿にでも…ということで、九州・佐賀は嬉野温泉に行くことにしました。

彼は長崎にいるのだから直接佐賀で合流すればいいのに、ぜひ高松に行きたいとわざわざ訪ねてきてくれました。なので出発は2人で高松から。JR瀬戸大橋線快速マリンライナーで岡山まで出て、新幹線のぞみで博多へ。

ちょうど博多でお昼になったので、行列ができるという「大地のうどん」にやってきました。彼のオススメで、香川に住む私にうどんを食わせるのか!と笑ったのですが、さぬきうどんとはまた違ったもののようです。

大地のうどん|津田屋流豊前裏打会
巨大なごぼう天でおなじみ!福岡市西区が本店の「大地のうどん」です。麺は茹でたて、天ぷらは揚げたてで提供します!本店の他、博多駅ちかてん、筑紫野店、東京馬場店...

こちらが名物「ごぼう天うどん」。麺が見えないほど大きなごぼう天が載っています。

福岡には博多のうどんと北九州のうどんがあるそうで、北九州のほうがコシがあるのが特徴だとか。ちなみにこの「ごぼう天うどん」も北九州のうどんらしいのですが、さぬきうどんに比べるとコシは全く感じられず(笑)。そしてツヤツヤとしているように見えました。さぬきうどんの場合は真っ白な麺ですよね。

さぬきうどんとはまた違った味でとてもおいしかったです。ごぼう天も食べ応えあり。見た目はボリューミーですが、ごぼうなのであっという間に食べてしまいました。右に見えるビールは…車を使わない旅ということで(^^)。

お昼を博多で食べたら、特急みどりに乗って武雄温泉駅まで向かいます。大体1時間ほどで、自由席でしたが問題なく座れました。

武雄温泉から嬉野温泉までは路線バスで30分ほどかけて移動します。武雄温泉まで来ると、とても静かな田舎町といった雰囲気で、バスにも地元の方々がたくさん乗られていました。しかしそれ以上に乗っているのが中国人観光客。驚きました、日本人の私だって初めてなのに、彼らは一体何を見て嬉野温泉を知ったのかしらん。実は彼らは佐賀県内で技能実習生として働いていて、休暇をもらったから近くで有名な嬉野温泉に行ってみました…なんて可能性も、あるかもしれません。

午後3時すぎに嬉野温泉には到着しました。

ものすごくにぎやかすぎず、けれど人はちょくちょくいる、ちょうどいい雰囲気です。予約していた温泉宿まで歩くのですが、その道すがらにもたくさんの宿があって、温泉地なんだなあと実感します。

宿泊するのは、この橋を渡った向こう側に見える「御宿高砂」。歴史は長いそうなのですが、外装・内装含めて改装してあってとてもきれいなお宿でした。

御宿 高砂 | 佐賀県嬉野市 全10室の小さなお宿・旅館
佐賀県嬉野市にある全10室の小さなお宿・旅館御宿 高砂です。

宿に荷物を置いたら、夕方までしばし周辺を散歩。足湯がありました。

公衆浴場「シーボルトの湯」、大正時代の姿を再現しているそうです。

もともと江戸時代に藩営の浴場として整備され、シーボルトも利用した歴史ある施設で、ドイツ人の設計だとか。老朽化で閉鎖していましたが、地元の人たちの強い要望もあって平成22年にリニューアルしたそうです。

明治元年に創業したという井手酒造さん。嬉野温泉の地酒「虎之児」(とらのこ)を作っています。試飲もできるということで、寄らせていただきました。

嬉野市のお土産として人気の地酒を扱う「井手酒造」
「井手酒造」では、嬉野市で明治元年創業より続く地酒 佐賀清酒「虎之児」の製造販売を行っております。

お店のお母さんがこてこての九州弁、ここまでの九州弁は初めて聞きました(^^)。

今の時期にしか買えないという「虎之児」のしぼりたて原酒があったので、購入。今度手術を控えている祖父が日本酒好きなので、快気祝にこれを取っておこうと思います。

宿に帰ってきて、コーヒーのサービスでまったり。

宿からは嬉野川が望め、たそがれの落ち着いた雰囲気の中、一息付けます。共に訪れた同期、お互い仕事が忙しく、また休み明けにも仕事が待っているけれど、今だけは何も考えない!仕事のことは考えない!としばし現実逃避します。

夕食前に大浴場に入ります。嬉野温泉のお湯は日本三大美肌の湯と言われているそうで、確かに温泉につかるとすべすべになったような気がします。そこまで大きな浴場ではありませんでしたが、タイミングよく私たちだけだったので、大浴場は貸し切り状態でした。

 

さて、気になる夕食ですが…食べるのに夢中で写真を撮ることを忘れていました(笑)。

メイン料理は嬉野温泉名物の温泉湯豆腐と佐賀産和牛のしゃぶしゃぶ。それ以外にもたくさんの料理があって、全部でおよそ10品。次々と持ってきてくれます。こういう旅館は、身の回りの世話を全部してくださるのでとても楽だし、何だか申し訳ないほどです。

こちらは佐賀牛。とてもおいしかったです。

ふと箸袋の裏を見るとこんなことばが。

美味しかったらほめてください。不出来だったら叱ってください。

亭主、苦労性のため。

もちろん、声を大にして「おいしかった」とお伝えしたいと思います(^^)。

嬉野温泉の旅、初日はこんな感じで終了。食事を終えて、また1階にコーヒーをいただきに行っている間にお布団を敷いてくれました。同期といろいろ語り合い、愚痴りあい(笑)幸せな気分で床に就きました。

糖質制限ダイエットレシピ

きょうは宿直明け、なのに夕方までバタバタ仕事で忙しかったです。

さて、糖質制限ダイエット中の私。夕食は何を作ろうかなと考えた挙げ句……きょうは糖質を抑えたから揚げに挑戦してみることにしました。

用意したのは鶏もも肉、卵、そして糖質オフに多大なる威力を発揮するのがおからパウダー!イオンでトップバリュが出しているものを購入しました。ちなみに鶏肉はしょうゆとしょうがで下味を付けてあります[1]私は20分ほど付けましたが、ちょっと味が薄いように感じたので、30分くらい付けるといいと思います。

おからパウダーが焦げちゃう可能性もあるので、温度は少し低めで長く揚げるのがコツ。揚げている音が食欲をそそります…じゅる~。

こちらが揚がったから揚げ。見た目はほぼから揚げそのものでしょう!初挑戦でしたがわれながら上手にできた自信作( ̄∇ ̄)。

から揚げに、油揚げで作ったピザ、それに糖質ゼロの発泡酒を用意して完成!

おいしい!!本物のから揚げほどのサクサク感はありませんが、でも「から揚げ」感は十分に出ています。ちょっと味が薄いかなと思ったので、マヨネーズを付けて食べたら、もうほぼから揚げ!(マヨネーズは脂質が多いのですが糖質はほぼゼロなので、使いすぎなければ糖質制限にはピッタシの調味料です)

から揚げは油で揚げているのでダイエットに不向きなイメージがありますが、実は違います。というのが鶏肉には糖質がほぼ無い上に、たんぱく質が豊富に含まれています。衣に使うかたくり粉に糖質が含まれていて、これにさえ注意すれば糖質制限とすごく相性が合うんです。今回のから揚げはかたくり粉の代わりにおからパウダーを使っているので、さらに糖質オフ!

せっかくならおいしくダイエットしましょう(^^)。ただし食べ過ぎには注意!

   [ + ]

1. 私は20分ほど付けましたが、ちょっと味が薄いように感じたので、30分くらい付けるといいと思います。

しるの店おふくろ

きょうは花金!ということで、仕事が終わってから同業他社の同期たちと飲みに行くことに。

南新町にある「しるの店おふくろ」に。よく名前は聞いていたけれど入店したのは初めて。

汁の店だというくらいなので汁物が有名で、日本酒と共にぶり大根やかつおのたたきをいただき、ほろよく酔ったくらいで汁をいただき。みんな牡蠣汁をいただきました。

店内の写真を撮り忘れていたんですが、大衆居酒屋って感じ。日本酒の合いそうなお店でしたが、僕はすぐにビールに戻してしまいました( ̄∇ ̄)。

御食事処しるの店おふくろ

〒760-0052
香川県高松市瓦町1丁目11-12
TEL:087-831-0822

兵庫県にドライブ

三連休の最終日、今日は姫路・赤穂方面にドライブに行きました(^^)。

Continue reading

水の都松江

シルバーウィークということで両親と島根県は水の都、松江に行ってきました。

僕は4時半起きで6時の快速マリンライナーに乗車し、高松駅から岡山駅まで。駅で両親に車でひろってもらい、松江に向かいました。3時間近く?かかったそうですが、車内で爆睡だった僕には一瞬でした。運転はずっと父…すんませーん( ̄∇ ̄)。

堀川遊覧船

暑くも寒くもない、本当に天候に恵まれた爽やかな休日です(^^)。

Continue reading

Older posts

© 2018 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑