BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

Category: くるま (page 1 of 8)

高い城の男

きょうは宿直勤務明けで、午後から時間ができたので英語塾に行きました。

プライベートレッスンという一対一の授業を受けていて、これまでは大体イギリス人の男性の先生を付けてくれていたのですが、ここ最近はアメリカ人の女性の先生が多いです。顔がものすごく小さい美人な先生で、わざわざ気を使って付けてくれているのかしら(^^;)。突然びっくりするようなことを言ってきては”just kidding!”(冗談よ)なんて笑わせてくれる、楽しい方です。

それはそうと、水出しコーヒーに初めて挑戦してみました。

私は本当にコーヒーが好きで、お茶のようながぶがぶ飲んでしまうのですが、これからの時期はやはりホットよりアイス。アイスとなると家では作れないので(ホットを冷やしただけではパンチのない味気ない感じになりませんか)またスーパーで紙パックアイスコーヒーの大量買いかなあと思っていたのですが、そんなに飲むならいっそのこと水出しアイスコーヒーを自分で作ってみよう!と思い立ったのです。

水出しアイスコーヒー用のピッチャーと、アイスコーヒー用の豆を購入。ひたすら水を注いでピッチャーをいっぱいにします。

この作業に結構時間がかかるので、最近ハマっているドラマを見ながら作業をしました。見ているのは”The Man in the High Castle”(高い城の男)というアメリカのドラマ。[1]原作はアメリカのSF作家フィリップ・K・ディックによる歴史改変SF小説です。第二次世界大戦で枢軸国が勝利し、アメリカが東西に分断されている世界を舞台としていて、1962年に発表され、1963年のヒューゴー賞長編小説部門を受賞したそうです。Amazonプライムビデオで見られます。

第二次世界大戦でアメリカが敗れたという設定になっていて、アメリカの西海岸は日本が、東半分はドイツ・ナチスが支配しています。サンフランシスコの町並みは(私たちでいうところの)現実と違って、日本語…つまり漢字やひらがなの看板があふれていて、日本人がたくさんいます。一方、ニューヨークにはナチスの鉤十字が至る所で見られるという具合。そうした世界を舞台に謎のフィルムが出回り、このフィルムを巡る争いが人々を巻き込んでいく…という物語です。

日本のかいらい国家である西海岸の日本太平洋合衆国では、日本の文化が至るところで見られるようになっています。突然、坂本九さんの『上を向いて歩こう』が流れたり、越路吹雪さんの『ラストダンスは私に』が流れたり。

きょう見た第8話で流れた曲が印象的でした。

白人女性が歌っているのですが、歌詞は日本語です。

なぜ朝日は輝くの?なぜ海は波打つの?
知らないのね、世界の終わり。あなたの愛は消えた。
なぜ鳥は歌ってるの?なぜ星は瞬くの?
知らないのね、世界の終わり。あなたの愛は消えた。
朝、起きて思う。なぜ普段のままか?
分からないの、分からないの。生きることの意味が。
なぜ私は泣いてるの?なぜ涙が溢れるの?
知らないのね、世界の終わり。これでさようなら、あなた。
知らないのね、世界の終わり。これでさようなら、あなた。
さようなら……

いい歌だなあとインターネットを検索するのですが、全くヒットしない。おかしいなと思ったら、実はカバーでした。スキータ・デイヴィスの”The End of the World”(この世の果てまで)を日本語にしたものでした。

こういうドラマを見ていると英語学習熱もめらめらと湧き上がりますね。字幕なしで見られるようになりたいなあ。

   [ + ]

1. 原作はアメリカのSF作家フィリップ・K・ディックによる歴史改変SF小説です。第二次世界大戦で枢軸国が勝利し、アメリカが東西に分断されている世界を舞台としていて、1962年に発表され、1963年のヒューゴー賞長編小説部門を受賞したそうです。

MINI初めての車検

先週、車検に出していたMINIを引き取りに行ってきました。

このブログ、本当に細々と更新しているのですが、アクセス解析を見るとMINI関連でいらっしゃる方が多いみたいなので、気になるであろう初めての車検について書いておこうと思います。

香川県在住ではありますが、車検は納車時からお世話になっているMINI岡山に行きました。

走行距離は2万1000キロ余り。3年間でこの距離なら、まあ普通…というところなのではないかと思います。先月、リコール関係で部品を取り替えてもらったのが一度あったのみで、全くの故障知らず。外車は壊れやすいなんて誰が言ったか、本当によく走ってくれて助かっています。

単刀直入に、今回MINI正規ディーラーで車検に出していくらかかったかというと、15万4910円でした。日本車に乗っている人は「高い!」と思われるかもしれませんが、そこは外車。僕は正直20万くらいで構えていたので、むしろ安く済んだと感じているくらいです。

自動車車検用諸経費

  • 自賠責保険(24か月)…2万5830円
  • 車検検査印紙代(5ナンバー)…1100円
  • 重量税(1.0t~1.5t)…2万4600円
  • 車体検査代行手数料…1万800円

この部分は法定費用といって、どこで車検を受けても必ず支払わなければならない部分です。MINI岡山では「この諸経費分は車検に『出す』際に前払いで、現金のみでお支払いください』とのことでした。

このほかにかかる費用が「どこで車検を受けるか」で大きく変わってくる部分です。

法定整備基本作業(24か月点検)

  • 法定基本整備作業、防さび塗装一式など…9万342円

MINI正規ディーラーで車検を受けると、国産車よりも必ず高くなるのがこの部分です。メーカーが定めた厳しい点検整備を行うのが理由だと思います。

次に車の状態によって費用が変わってくるのが、消耗品の交換です。年式や使用状況によって必要となる次期が変わってくると思います。

消耗品の交換

  • マイクロフィルター…1万346円
  • キーレスリモコン電池交換…540円

もっといろんなものを変えろと言われるかな?と心配していたのですが、本当にいい状態で走ってくれているようで、交換はこの2つのみでした。

マイクロフィルターはエアコンフィルターのこと。しかし、家のエアコンフィルターは毎シーズン洗って繰り返し使っているのに、車は1万以上も払って交換しなくてはいけないのでしょうか。これ、ディーラーで聞いてみたのですが、車のエアコンフィルターは住宅用エアコンのフィルターと違って特殊なものを使っているので、洗うよりは交換したほうがいいそうです。

割引

  • 早期予約割…-2000円
  • 来店割…-2000円
  • 遠方来店割…-2000円
  • ペア割…-2000

僕はこれに割引があり、計8000円引いてくれました。これでトータル15万4910円。最初にも書いたように、僕の正直な気持ちは「15万台で済んでよかった」といったところですが、それにしても国産車に比べれば割高。そこをどう感じるかは人によるかもしれません。

車検に出したMINIを受け取りに行った際にサービスの方から聞いた話なんですが、レクサスみたいな日本車は最新技術を惜しみなく投入する一方で、やはり初期型には不具合が多いことがあるそうです。一方でMINIは古い技術を磨き上げるというか、そもそもBMWの傘下に入ってからはそちらの技術も応用されるようになっているし、外車の中では故障が少ないのかなあと。少なくとも僕のMINIは調子が悪くなったことなんて一度もありません。

車を持つには車検費用のみならず、毎年の自動車税や毎月支払う任意保険など…それはそれは多くの経費がかかります。はっきり言って金食い虫、車を持っていなければかからなかった費用なんですから。かといって「乗れればいい」程度の国産車にだって維持費はかかるし、プラスαのお金を払って大好きなMINIに乗っているんだと考えればいいじゃないの。

ディーラー車検は少々お高いかもしれませんが、安心できるのでいいですね。サービスの皆さんにもすごくよくしていただき、きょうはMINIうちわまでいただいてしまいました(^^)。

うーん、まあ、1つ言うならば代車はワゴンRよりMINIがよかったなあ(^^;)。しかし1週間、ワゴンRに乗ったおかげでMINIのよさを再発見できたのは、よかったかもしれません(笑)。

3年目を迎えつつあるMINI

MINI岡山から恒例の法定1年定期点検の案内が来ました。

法定1年定期点検案内

点検の費用は1万9494円…ほぼ2万円ですね。去年も8月23日に点検しましたが、値段については初回の去年と変わりません。

僕は車を持つようになってMINIしか乗っていないので日本車の点検費用がいくらなのかは知りませんが、やはりちょっと高いんですか(^^;)?ほかを知らないので、ある意味僕は幸せかもしれません。また来月に岡山へ帰省した際にGEN MINIを持って行きたいと思います。

しかし金食い虫ですね、車は(ToT)。

BMW MINI COOPER PHOTO GALLERY

倉敷の祖父母宅から実家のほうに移動。

MINI①

MINIが黄砂で汚れてしまっていたので、ガッツリ洗車しました。きょうはワックスまではかけず、水洗い(シャンプーも使いませんでした)。洗い終わってからたくさん写真を撮ったので一気にアップしますね。

う~ん、カッコいいぜ。使ったのはSONYの一眼レフカメラα77、ISO感度、シャッタースピード、絞り、すべてマニュアル設定して撮影しました。帰宅後、フォトレタッチソフトで少し調整しちゃったけど(^^;)。

MINIの見積もり

ぼぼよるの、正直どうでもいい日常をつづっているこのブログに来てくださる多くの人…実は「MINI」で検索していらっしゃる方が結構いるんです(^^;)。

検索ワードを見ると「ミニクーパー購入」とか「ミニクーパー納車まで」とか様々。車両を発注して納車までワクワク待っている方なのか、それとも見積もりまで出してもらったけど悩んでいる方なのか、はたまたディーラーに行くか行かないかで悩んでいる方なのか。

僕も社会人2年目という新人中の新人(まあ、今でも新人ですが)で購入を決意した人間です。どんな見積もりを出され、日々どんな出費でMINIに乗っているのか。気になる方は気になるんだろうなーと思い、ちょいと書いていこうと思います。きょうはディーラーに行った日に提示された見積もりについて。

Continue reading

Older posts

© 2018 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑