BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

Category: 料理 (page 1 of 22)

橋を渡って鳥好を訪ねる

昨夜のカラオケがたたって、昼まで爆睡。夕方から岡山に帰りました……先週も帰ったけど(^^;)。前回と同じくJR瀬戸大橋線快速マリンライナー、座っているだけで着くのはやはり楽です。

両親も岡山まで出てきて[1]岡山の人は岡山市中心部の市街地に行くことを「岡山に行く」「岡山に出る」と言います。おなじみ鳥好に集合。土曜日で混むだろうからと、私が岡山に着くより早く入店して席を取る気合いの入れよう。座敷のいい席がちょうど空くグッドタイミングだったそうです。

飲み物は最初の1杯だけ生ビール、以降はハイボールでいただきました。でも料理は糖質制限できなかったかも(^^;)。きょうは息抜きということで、あすからは頑張ります。

私、知らなかったのですが、鳥好ってミシュランに載っているそうです。

なのにお手軽価格で食べられる大衆居酒屋。岡山の郷土料理を何の飾り気もなく、まじめに淡々と出されているところがまたいい。いつ行っても超満員、確かに鳥好に行けば間違いない!と私は胸を張って言えると思います。わざわざマリンライナーに乗ってでも食べに行く価値、あります(^^)。

   [ + ]

1. 岡山の人は岡山市中心部の市街地に行くことを「岡山に行く」「岡山に出る」と言います。

内陸なのに海の幸

きょうは仕事でまんのう町に行きました。

最近は遠方に行く仕事が少なくなっていたので、久しぶりの遠出。同僚が「いい店がある」と言うので、少し早く出て昼食をいただきました。

例のごとくさぬきうどんの店を何軒か回るのですが、どれも定休日!まんのう町なら山内うどんが最高なのですが、残念。そこで訪れたのが琴平町にあるこの店なのですが、なんじゃこりゃ!?(笑)。その名も「ドライブイン白樺」……本当にここでいいのか?と疑心暗鬼で入店。

きょうのランチのおすすめが「ハマチの刺身定食」だったので、注文してみました。

まんのう町は「満濃池」(農業用のため池としては日本一の大きさ)で有名ですが、内陸の町。そんな町で海の幸「ハマチ」が果たしてどれだけうまいのか……と出てきた刺身を見ると、すごく分厚い!何切れもあってコスパもよい。これで700円なら相当安い(≧∇≦)。大満足でした。

これが満濃池です。弘法大師・空海が改修したとも伝えられていますが、それは本当か?

毎年、満濃池で“ゆる抜き”が行われると「ああ、香川に夏が来たんだなあ」と感じていましたが、それもことしが最後。来年には異動を命じられ、香川県から自分がいなくなっているのかと思うと、もしかすると「夏の満濃池」も見納め?最近いちいちそういうことでセンチメンタルな気分になることが多いです。

優雅な日曜日

きょうも暑い日曜日です。

近所のスーパーまで買い物に行くのにいつもなら車でチャチャッと行ってしまうのですが、歩いて行ってみました。

歩くと、ふだん気にしないような景色をじっくり見られるからいいですね。写真奥にあるのが芥子山(けしごやま)、備前富士と呼ばれています。手前の川は、なぜかこの時期になるとハスが大発生して、すごいことになります。

こちらが父の手打ちそば。息子の僕が言うのも何だけれど、結構うまい!ちなみに右上にあるすしも父の手作り。これは母にも言えることなのですが、2人とも老後には困らない趣味を見つけていて羨ましい限りです。

コーヒーを飲みながら

きょうは仕事が休みでした。

ちょくちょく来る倉式珈琲店。お昼ごはんと兼ねて、えびたまごサンドをいただきました(^^)。

コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、スマホをつついたり。お会計のときに、新しくポイントカードを始めたことを知って作ってもらいました。こういうのって作ってもらうくせに、大体家に置き忘れてて次回来たときに押してもらえないんですよね。

夜はまたジムに行って水泳。頑張って1時間泳ぎました(*^_^*)。

これが台湾のルーローファン?

イオンで買い物をしていたら、冷凍食品コーナーに「ルーローファン」なのものを発見。ルーローファン(”滷肉飯“)は台湾を代表する庶民の料理で、煮込み豚肉かけ飯とでも言うべき?

これが本場のルーローファン。細切れの豚肉(そぼろみたいな)を甘辛い汁で煮込んでいて、それをごはんの上からかけて食べる料理。ルーローファンはあくまでごはんで、これと一緒にほかの料理を食べることを前提にしているので、大体小さな茶わんに入って出てきます。

しかし、トップバリュのルーローファンを見てみると…あら?ブロック肉?それもごはんが細長いタイ米。八角の香りがプンプンするので、ああ、これは確かに中華っぽいなあと思ったけど、それ以外はあんまり…というか、全然ルーローファンな感じがしない。

でもお味はまあまあよかったです。本物のルーローファンを求めるにはちょっと残念かもしれないけれど、これはこれでまた別の料理としてイケる気がします( ̄∇ ̄)。

Older posts

© 2017 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑