BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

カテゴリー: たべもの (page 1 of 25)

ギョーザのテイクアウト

最近、在宅勤務が多くなってテイクアウト系の食事が多くなっていますが(笑)きょうも近所の、実はこれまで行ったことのなかった店のテイクアウトをいただきました。

ギョーザ専門店「大竹餃子」の焼きギョーザ6個入りです。これで450円なり。

こちらの店はもともと野方にある「野方餃子」の姉妹店で、ドリンクメニューも豊富だから「ギョーザ居酒屋」みたいな感じでしょうか。白ごはんなども付いた弁当も売っていましたが、白ごはんなら家で用意できるからギョーザだけ購入。店内はちょこちょこお客さんがいました。僕は店に行ってから注文したのですが、あらかじめインターネットなどで注文できるのか(?)店に来てすぐにギョーザを受け取っている方もいました。

味はおいしかったです。店の味を家でも楽しめるのがテイクアウトのいいところですね。それでも出来たてならもっとパリパリだったかも?いつかぜひお店でいただきたいなあと思いました。

中野坂上 大竹餃子

〒164-0012
東京都中野区本町2丁目51-9レイアップ中野坂上1F
TEL:03-6876-8675

懐かしの「西紅柿炒鶏蛋」

きょうも在宅勤務で、昼は先日も紹介した中華料理店のお弁当を買いに出ました。

きょうのお弁当は豚肉、ニラ、豆もやしを炒めたものと、中華料理では定番の“西红柿炒鸡蛋”(トマトとスクランブルエッグの炒め物)。こちらもビックリするボリュームでおなかがはち切れそうでした。これで500円、ごちそうさまでした。

80年代から90年代を思わせるCM

きょうは日曜日、ありがたいお休みをいただくも、外出自粛でずっと家に篭もる1日でした。

これもきっかけだと思い、最近、パソコンで「Adobe Premiere Pro」の操作を勉強しています。詳しくない方のために説明すると、動画編集ソフトです。これがまあ、何でもできるソフトなんですが、その代わり覚えないといけないことも多い。勉強がてら、80~90年代にテレビで放送していた深夜番組風の動画を作ってみました(^^;)。

出身が岡山なので、岡山のローカルCM感が拭えないのはご愛きょうということで……

フォントだったり音楽だったり、「それっぽい」ものを使うだけで一気に当時にタイムスリップできる感じが不思議です。途中の「社外モニター募集」の案内も、映像は倉敷美観地区のフィラー[1]テレビの放送休止の時間帯に山や海といった自然の映像やどこか海外の映像が延々と流れているのをご覧になった方もいると思います。放送局ではああいう映像を「フィラー」と呼びます。っぽい映像のバックに、何だか似合わない(笑)エレキギターの音楽がかかる感じ、地方の民放っぽいですよね。

映画試写会も岡山・香川出身の方は分かると思いますが、KSB瀬戸内海放送の映画試写会のパロディーです。使われている音楽はフランク・ミルズ(Frank Mills)の「Love’s Like That」です(左のリンクの40秒ごろからです)。

夜は限定で出ているという、サントリー・プレモルの黒ビールをいただきました。

写真右の料理は新たまねぎとコンビーフを合わせたもの。新たまねぎに切れ目を入れて、コンビーフを挟み、電子レンジ(600W)で7分チンして、あとは黒こしょうを振るだけ。ツイッターでいつも料理レシピを発信するリュウジさんの投稿を参考にしました。コンビーフもトロトロになるし、お酒のおつまみにオススメです。

   [ + ]

1. テレビの放送休止の時間帯に山や海といった自然の映像やどこか海外の映像が延々と流れているのをご覧になった方もいると思います。放送局ではああいう映像を「フィラー」と呼びます。

東京の「西」から東京の「東」へ

きのうに引き続き、きょうも外で仕事。

やってきたのは葛飾区。住んでいるのが中野区(東京の西)なので、あんまりこっちのほう(東京の東)まで来ることってないんですよね。車を使えばすぐなんですが、貴重な外勤なので目的地まで駅からテクテク歩いて行くことにしました。

東京スカイツリーが大きく見えます。目の前の川が「中川」。この写真から見て、僕の後方で川が二手に分かれていて、一方が「中川」で、もう一方が「新中川」というそうです。

葛飾区での仕事を終え、ちょうど昼どきだったので食事をいただくことに。

こんなご時世なので、少しでも地元のためになれば……と個人でやっていそうな店を探して、京成電鉄の青砥駅すぐ向かいにある「更科ゆたか」に入りました。おそば屋さんです。

おそばと親子丼のセットをいただきました。

おそばの欄に「たぬき」と書いてあって、思わず「?」に。確かにヒガシマルのうどんスープのCMでも「きつね♪たぬき♪……」と歌っていたなあと思いつつ、調べてみたら天かすの載っているのを「たぬき」と言うんですね。恥ずかしながら知らなかったです。

見た目以上にボリューミーで、おなかがはち切れそうなくらいパンパンになりました。食事をいただいていると、結構人が入ってきていたのが印象的でした。ふだんはいつも常連さんでにぎわっているそうです。

更科ゆたか

〒125-0062
東京都葛飾区青戸1-10-3
TEL:03-3697-1519

中華料理テイクアウト

きょうも在宅勤務。家に篭もっているのがもったいないほどのいい天気で、お昼になってテイクアウトのご飯でも買いに行こうと外に出ました。

本当に気持ちのいい天気です。なのに外出も自由にできないなんて残念極まりない……外に出て、未だに街灯にかかる「TOKYO 2020」を見るたびにため息が出ます。

向かったのは近所の中華料理店。通常営業はしているようですが、お客が入らなくなったのか(?)テイクアウトに力を入れているようです。店先に弁当を並べて、昼も夜も中国人の女性が「いらっしゃいませー!お弁当いかがですかー」と叫んでいるのが聞こえます。

弟が会社でよく出前を取っていたらしく、「麻婆豆腐と唐揚げのがうまい」と薦められたので買ってみました。ただ写真を見せると、これではないとのこと。でも味はおいしかったです。びっくりするボリュームでお腹パンパン、夜になってもお腹が空かないくらいでした。

« Older posts

© 2020 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑