BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

Month: 9月 2017 (page 2 of 7)

電車という公共スペース

きょうは後輩と一緒に仕事で坂出市に行きました。

瀬戸大橋を走って与島まで来ました。ものすごくいい天気で、気持ちよかったです。少しかすんでいたかな?でも青空は澄み切っていました。

一般の車両はパーキングエリア内であれば降りられるのですが、いわゆる与島の集落側に行こうとすると住民と許可された人しか通れないゲートをくぐっていかなければなりません。このゲートは特別なカードを挿入しなければならず、こうしたゲートは与島を始め、櫃石島、岩黒島と、瀬戸大橋が結ぶ計3つの島にあります。この3つの島、いずれにも降りることができるカードを「三島カード」と言って、住民以外だと警察を始め、郵便配達をする郵便局員や報道関係者など、限られた人しか持つことしかできません。

ちなみに住民たちが持つカードには「本人カード」と「世帯カード」があるそうです。本人カードとは、住民本人が持っているもの。世帯カードは島を出ていった家族が帰省するときに使うカードだそうです。かつては船に乗らないと本州、四国に行けなかった住民たち、瀬戸大橋ができてその生活は様変わりしたんだろうなあと感じます。

仕事を終え、後輩と別れて高松に戻ります。坂出駅まで送ってもらい、電車で帰ることにしました。

東京ではしょっちゅう乗っていた電車も香川で乗るのは新鮮です。思い返すと、電車という公共スペースは便利な空間だなと思います。東京で大学生をしていた頃、電車は貴重なスペースであり、また乗車時間は貴重なひとときでした。本を読んだり、ラジオを聞いたり。電車で毎日通学し、それが1か月たてばトータルの乗車時間は結構な長さになります。その間、ずっと読書をしていたなら通学時間だけで何冊の本が読めることか。

それが電車での通学・通勤のない地方だと、そうした時間が発生しないのが惜しいですね。ま、そんな偉そうに言う私も社会人になって東京に何度も出張に行きましたが、電車の中では専らグースカ寝ているかもしれません(^^;)。

お仕事で豊島に

仕事で豊島に行ってきました。

東京に住んでいる方だと「豊島」は「としま」と読んでしまうのでしょうか。瀬戸内海に浮かぶ、土庄町の豊島は「てしま」と読みます。去年から仕事でよく足を運ぶのですが、もう何度通ったか分かりません。同じ瀬戸内海に面した岡山県と香川県でも、仕事で香川県に赴任してきてからのほうが島との距離が近くなったと思います。

高松港を後に出港。豊島までは大体50分くらいです。

遠くに見えるのは屋島。霞む屋島や、檀ノ浦~♪南は澄みて、地蔵埼~♪(四国フェリー社歌)[1]とは歌うものの、豊島と高松を結ぶのは豊島フェリーで、四国フェリーではありません。

しばらく走っていると豊島が見えてきます。豊島のメインポート家浦港に行くには、途中かつて産業廃棄物が大量に不法投棄された現場を通り過ぎていきます。灰色と赤色の建物が香川県が建てた中間保管・梱包施設、掘った産業廃棄物を保管し、トラックに集む作業をするところです。もう産業廃棄物は豊島からすべて運び出されているので、この施設は今後撤去されます。

かつては心ない業者に汚された島ですが、今では現代アートの島として世界中に知られる島となりました。まだまだ豊島は元気になれる、そんな気持ちで応援しています。

 

   [ + ]

1. とは歌うものの、豊島と高松を結ぶのは豊島フェリーで、四国フェリーではありません。

大北海道展

岡山に帰り、岡山タカシマヤで開かれている「大北海道展」に行きました。

すごいにぎわいようでした。

しゃけ、いくら、札幌ラーメン、北海道のチーズ、ベーコン…北海道と聞いて思いつくものはなんでもありました。そりゃ、北海道展だもの、当たり前か。いいものを置いているのはよく分かるのですが、なんせ値段が高い(^^;)。買って帰ろうとも思ったのですが、結局何も買いませんでした。

両親と「北海道展でお昼食べてく?」なんて話していたのですが、私が糖質制限をしているのを知っている母が気を遣って、よそで食べようということになりました。申し訳ない…糖質制限って何も知らない周りは「何だったら食べられるの!」ってなりがち(^^;)。自分のダイエットに人を巻き込んではいけないと分かっているのですが、こうやって誰かと出かけると迷惑をかけてしまうのが申し訳ないです。

結局来たのがしゃぶしゃぶ。

ごはんは一切いただかず、お肉や野菜をメインにいただけば糖質はずいぶんと抑えられます。ただ低糖質なことに油断して、食べ過ぎ( ̄∇ ̄)?糖質制限はカロリーを気にしなくてもいいのですが、当然、カロリーオーバーは太るもと。気をつけよう…

しゃぶしゃぶのあとは、ずっと気になっていた「カフェ・ブルーマウンテン」に来ました。

岡山タカシマヤ近くのセントラルビルの地下にあって、いわゆるこだわりマスターがやっているような喫茶店とは違うのですが、その何とも言えぬ雰囲気が前を通るたびに気になっていたのです。地下にオープンカフェ(笑)というツッコミはありつつも、気軽に入れる雰囲気のためか、いつもそれなりにお客さんがいます。

アイスコーヒーを注文。

この青線のストローといい、店内に流れるJ-POPのインストゥルメンタル(スーパーや100均の店内BGMでかかっていそうな、有線の音楽)といい、この地方感あふれる雰囲気、すばらしい絶滅危惧種だと思います(笑)。味もまあまあだし、ちょっと時間を潰すにはおすすめかもしれません。

カフェ・ブルーマウンテン

〒700-0901
岡山県岡山市北区本町6-36第一セントラルビル地下1階
TEL:086-222-0703

あんなに昼食べ過ぎたって言っていたのに、夜は家で焼き肉(*^^*)。食い過ぎだっちゅーの。タレはごま油と塩を混ぜたもの、ビールは糖質ゼロ!だけど、食い過ぎ。あすから頑張ります。

無断駐車はどうなるか

私は高松市中心部のマンションに住んでいるのですが、家賃がそこまで高くないためか、学生さんが結構たくさん住んでいます。金曜日の夜にはどこの部屋からか騒いでいる声が聞こえてくるのですが、私はあんまり音を気にせず眠れる人間なので(笑)そこまで問題視していませんでした。

ただ一方で、最近気になっていたのがマンションの敷地内への無断駐車。

しょっちゅう同じ車が止っているんです、マンションの駐車場に。しばらく止っていないこともよくありますから、住民の車でないことは確かです。とはいえ本当にしょっちゅう止っているので、友人なのか、彼女なのか、この車の持ち主にとって関係のある人がこのマンションに住んでいるのだと思います。車はいつも住民の駐車場の枠外にあるスペースに止めてあります(ちなみにそのスペースは本来車が止るスペースではありません)。

私の車はマンションの外にある別の駐車場に止めていますから、無断駐車のせいで車の出し入れがしにくいとか直接被害を被ったことはありません。ただ、マンションに車を止めている他の住人さんにとってみれば迷惑かもしれませんし、ましてや毎月駐車場代をきちんと払って車を止めているのに、そのすぐ隣にタダで駐車されたのでは、いい気分ではないでしょうね。

そんなことを考えているとマンションの入り口にこんな張り紙が。

マンションの管理会社が無断駐車[1]写真の中で「違法駐車」ということばを使っていますが、マンションのような私有地の道路は原則「道路交通法」の対象外になるため、違法=法律に違反するという表現は正しくありません。について注意喚起を行いました。

こうした張り紙は今まで幾たびもあったので、そのときは私自身何とも思わなかったのですが、今回はちょっと違いました。というのが、この紙が張り出されて数日後、無断駐車している車のナンバープレートや車種が紙に落書きされていたのです。上の写真ではボカシをきかせて分からないようにしているのですが、一体誰が書いたのか。無断駐車に嫌気がさした人の仕業か?落書きを肯定するわけではありませんが、これまでの注意喚起がすべて無視されてきた中、ここまでされては無視もできないでしょう。

これで無断駐車がどうなるか、気になるところです。

   [ + ]

1. 写真の中で「違法駐車」ということばを使っていますが、マンションのような私有地の道路は原則「道路交通法」の対象外になるため、違法=法律に違反するという表現は正しくありません。

糖質制限の記録(9/21)

きょうのお昼に食べたもの。

いずれもローソンで買うことのできる商品です。

  • 蒸し鶏とこんにゃく麺のサラダ
  • ブランパン2個入り

それぞれの糖質が5.5gと4.4gなので、合わせて9.9g、10gにもなりません。ちなみにこれをご覧になった方、こんな程度で足りるのか!と思われたでしょう。ふふふ、写真には写っていないのですが、実は炭火焼き鳥のもも塩もいただきました(笑)。結構ボリューミーな焼き鳥で、塩味なので糖質はほぼ0g。しかし職場で昼から焼き鳥を食べている姿を見られるのは恥ずかしかったので、ローソンを出てすぐパクッと食べてしまいました( ̄∇ ̄)。

Older posts Newer posts

© 2018 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑