BOBOYORU.NET

The time is gone, the song is over, Thought I'd something more to say.

Category: 料理 (page 2 of 22)

優雅な日曜日

きょうも暑い日曜日です。

近所のスーパーまで買い物に行くのにいつもなら車でチャチャッと行ってしまうのですが、歩いて行ってみました。

歩くと、ふだん気にしないような景色をじっくり見られるからいいですね。写真奥にあるのが芥子山(けしごやま)、備前富士と呼ばれています。手前の川は、なぜかこの時期になるとハスが大発生して、すごいことになります。

こちらが父の手打ちそば。息子の僕が言うのも何だけれど、結構うまい!ちなみに右上にあるすしも父の手作り。これは母にも言えることなのですが、2人とも老後には困らない趣味を見つけていて羨ましい限りです。

コーヒーを飲みながら

きょうは仕事が休みでした。

ちょくちょく来る倉式珈琲店。お昼ごはんと兼ねて、えびたまごサンドをいただきました(^^)。

コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、スマホをつついたり。お会計のときに、新しくポイントカードを始めたことを知って作ってもらいました。こういうのって作ってもらうくせに、大体家に置き忘れてて次回来たときに押してもらえないんですよね。

夜はまたジムに行って水泳。頑張って1時間泳ぎました(*^_^*)。

これが台湾のルーローファン?

イオンで買い物をしていたら、冷凍食品コーナーに「ルーローファン」なのものを発見。ルーローファン(”滷肉飯“)は台湾を代表する庶民の料理で、煮込み豚肉かけ飯とでも言うべき?

これが本場のルーローファン。細切れの豚肉(そぼろみたいな)を甘辛い汁で煮込んでいて、それをごはんの上からかけて食べる料理。ルーローファンはあくまでごはんで、これと一緒にほかの料理を食べることを前提にしているので、大体小さな茶わんに入って出てきます。

しかし、トップバリュのルーローファンを見てみると…あら?ブロック肉?それもごはんが細長いタイ米。八角の香りがプンプンするので、ああ、これは確かに中華っぽいなあと思ったけど、それ以外はあんまり…というか、全然ルーローファンな感じがしない。

でもお味はまあまあよかったです。本物のルーローファンを求めるにはちょっと残念かもしれないけれど、これはこれでまた別の料理としてイケる気がします( ̄∇ ̄)。

屋島のふもとで釜揚げうどん

先日に引き続き、きょうの仕事で屋島にやって来ました。

ちょうどお昼どきだったので、屋島のふもとにあるうどん屋さんで昼食(^^)。釜揚げうどんで有名な「わら家」です。

わら家①

わら家があるのは、四国各地の古い古民家を集めて野外博物館にしている「四国村」がある場所。ということで、こちらのわら家も、もともと徳島県西祖谷村にあったという江戸時代の古民家を移築してきたものだそうです。

わら家②

土曜日ということもあって、結構な人でにぎわっています。

ここはちょーっと高めのうどん屋なので、地元の人が毎日のように来るうどん屋ではないかも。観光客のほうが実は多いかもしれませんね。

わら家③

いただいたのは釜揚げうどん、中ジャンボ!

おなかペコペコだったので「こんくらい全然いけるわー!」と思っていたけれど、いざ食べ終えたら結構な量!おなかパンパンになりました。熱々のつけだしにねぎをたっぷり入れて…あんまりふだん釜揚げうどんを食べることがないので(毎回わら家で食べているような気が?)久しぶりにおいしくいただきました(^^)。

わら家

〒761-0112
香川県高松市屋島中町91
TEL:087-843-3115

千枚田のお米をいただいて

きのうは女木島に行きましたがきょうは小豆島(*^^*)。

オリーブの夢

小豆島町にある「中山の千枚田」、その中に瀬戸内国際芸術祭の作品『オリーブの夢』があります。台湾のワン・ウェンチー(王文志)さんの作品です。

ぜーんぶ地元の竹、合わせて五千本を使ったのだとか。

有名な作品なんですが、みーんな車でここまでやって来て、路上駐車する人や田んぼのあぜ道を勝手に歩き回って荒らす人が絶えないそうです。まもなく始まる瀬戸内国際芸術祭、地元の人には迷惑をかけないよう、見る側も礼儀守って見てほしいですね。

こまめ食堂①

中山の千枚田にある、こまめ食堂でお昼をいただきました(*^_^*)。

ここ千枚田でとれたお米で、ここ中山の湧き水を使っているのだとか。ハンバーグはオリーブ牛だそうで、ほかにもおかずがギッシリ。すっごくおいしかったです、本当にお世辞抜きで。

こまめ食堂②

こまめ食堂はもともと古い(昭和初期だそう)精米所をリフォームしたお店。

瀬戸芸の時期はものすごい混むんだろうな…と思いますが、ここは本当におすすめです。おいしいし、自然いっぱいに囲まれて雰囲気もバッチシ。

こまめ食堂

〒761-4303
香川県小豆郡小豆島町中山1512-2
TEL:0879-75-0806

Older posts Newer posts

© 2017 BOBOYORU.NET

Theme by Anders NorenUp ↑